電話相談
> >

母と喧嘩し、私達夫婦は家を出ました。

(東京都新宿区在住J様)
私は12年前に結婚をし、主人と両親の4人で暮らしていました。(私には妹が2人いますが、2人とも既に嫁いでいます。)

6年前に父名義の土地に4人が住む家を夫が夫名義で建てたのですが、2年前に父が病気で亡くなりました。

父が亡くなった後、母と主人がそりが合わず日々喧嘩。

母のわがままぶりに流石に私もフォローしきれず主人に謝るばかりの日が続き、ストレスが溜まる一方で3人暮らしは長く続かず「この土地は父のものなんだから出ていけ!」と言う母の言い分に屈し、私達は出て行くことを決意しました。

その後は賃貸マンションの家賃と家のローンの二重生活が続いています。

母は1人暮らしをしばらくしていましたが、年老いたこともあり、目黒にある次女に家に同居しました。

主人名義の家は我々の意思で出ていった事と土地と家の名義が違うこともあり売ることができません。

姉妹と母で遺産相続問題になると思っていないかったので、どうしたらいいか分かりません。

母も妹達から実家の土地を売ることも私達が住むことも反対されています。

しかし私の主人も住みもしない家の住宅ローンを払うことも大変でどうすればいいのかいいのか分かりません。

私達は今後どうすればいいのでしょうか?
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

この問題は結構根深く、その上同様な事案でお悩みの方は結構いらっしゃいます。

どちらかが譲歩しない限り、お互い精神的にも金銭的にも疲弊してしまう最悪のパターンです。

流石にウェブ上でこうした方がいいでしょうというアドバイスは出来ません。

一度相談にいらして下さい。

一緒になってこの難局を乗り越えられる様に考えていきましょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら