電話相談
> >

実家の土地を売却したいのですが・・・

(東京都文京区在住S様)
実家の土地を売却したいと母から連絡がありました。

実家は祖父名義の家と土地に祖父と両親、私、妹で住んでいました。

妹が結婚し、私も家を出、祖父と両親で住み続けていました。

その祖父は29年前に亡くなりました。

どうやら、その時に相続手続きをしないまま、住み続けていたようです。

家の老朽化が激しかったので10年前に取り壊し、現在はマンションを購入し両親はそこで暮らしています。

土地の税金は祖父名義のまま父が払い続けています。

その父(83)も認知症が進み始め、母(81)が今のうちに土地を何とかしたいと言ってきました。

資金があれば、家を建てて両親と同居してあげたいのですが、それもできません。

父は8人兄弟で、2人は無くなり、1人は子供の頃に養女に出ています。

兄弟の付き合いもなく、家の取り壊しのことさえ連絡していません。

この場合、どのような手続きをするのが良いのでしょうか。

父はまだまともに会話できることも多いですが、行動レベル(お風呂とトイレの違いなど)で問題があるくらいです。

よろしくお願いします。
菱田 徳太郎司法書士の回答

(菱田司法書士事務所所長)

問題の土地ですが、祖父の遺言書で土地の相続人の指定がない以上、法律上は相続人全員の共有状態になっています。

そこで、相続人全員で遺産分割協議を行い、土地の所有者を決めなければなりません。

祖父の子で亡くなっている方に子供がいれば、その方が相続人ですので、その方にも協議に参加してもらうことになります。

具体的には、

①権利証や登記簿謄本から土地の権利状態を確認する。
②相続人全員を確定させる
③相続人全員と連絡をとり、遺産分割協議を行う
④書類を揃えて不動産登記手続きを行う

おおまかに、このような流れになります。

念のため、相続手続きが先延ばしになってしまうリスクを申し上げます。

土地の所有者が定まらないと、売却や賃貸ができませんし、担保に提供するすこともできませんので、建物の新築時にローンが組めない恐れがあります。

また、放置しているうちに現在の相続人が亡くなると、その子供が相続人となり、その結果、相続人の数が多くなり、縁が遠い方々同士での協議になりますので、協議自体が成立せず、いつまでたっても土地の権利が定まらないことが懸念されます。

遺産分割協議に参加するには、しっかりとした判断能力が必要ですので、伺っているお父様の状態からすると急がれた方がよいでしょう。

専門家でも困難なケースなので、お早目に司法書士に相談して手続きに取り掛かってください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら