電話相談
> >

成年後見人の候補者として

(神奈川県横浜市港北区在住O様)
横浜市内でアルツを患う高齢の母(ホーム入居)に、海外に住居を持つ兄妹(私、日本国籍保持、と兄=外国籍取得)に成年後見人の候補者として審査が通るものでしょうか?

私は3ヶ月に一度2週間程度日本に戻り母のケアをここ数年しています。

遺産制度変更により多大な確立で税金を払わねばならないのは確実ですが、対策も含め、又相続が発生した場合に片付けねばならない名義などの問題などもあり弁護士が必要なのか税理士なのかも検討付かずご相談したい次第です。
相続後見
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

ご本人のお子さんを成年後見人候補者として、後見開始の審判を申立て、通常それが認められることが多いでしょう。

ただ、その候補者の方が海外在住だと難しいかもしれません。

また、相続対策についてでございますが、まずは、推定相続人が誰なのか、どのような財産があるのかを調査することになります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら