電話相談
> >

NHKで空き家が多いことをやっていました。

(東京都文京区在住H様)
先日NHKで全国的に空き家が多いことをやっていました。

それとは反してこれだけ空き家が多いのに新たに新築マンションが乱立したり、建売住宅が何十件も建てられたり、宅地開発がされているかと思うと何だか日本は今後大丈夫なのか?と考えてしまいます。

空き家を売らずに持っているだけで固定資産税だってかかるだろうし、うちの様なお金のない余裕のない家は売却して現金化するしか選択肢はありませんでした。

世の中には老朽化した自宅を空き家として持ち続けている余裕がある人がこれだけいるという事なのでしょうか?

空き家で誰も住まずに、賃貸にも出さずにして何かお得なことでもあるんでしょうか?

私にはその神経が分かりません。
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

Hさん!お気持ちよく分かります。

世の中にはいろんな形で大小様々な相続トラブルを抱えていらっしゃる方がいます。

本来なら早々に売却して現金化したいとお考えの方がいらっしゃっても複数の相続人の中に売却に反対する方やもっと高く売りたいと言い出す方、嫌がらせで印鑑を押さない方、相続人が認知症で判断が出来ない方や障がいをお抱えの方、海外にいらっしゃって相続手続きが進まず、そのままの状態でお悩みを抱えていらっしゃる方等、潜在的に多くいらっしゃいます。

私も見ましたが遂にNHKでも特集されたという事で問題が一般化してきました。

私の見解ですが、空き家問題は相続トラブルとイコールだと思います。

それを回避する為には「遺言」が最適だと思いますね。

若しくは利用する事が無いのであれば相続前に分けやすい財産つまり現金化するのも一つの策だと思います。

勿論資産状況によって大きく異なりますので是非無料相談会にご相談頂いてお話を伺い、相続時にモメない対策を一緒に立てていきたいですね。

とは言っても予想外のトラブルが後日起こるのが「相続」です。

被相続人がご健在の時にしっかり話し合いすることが一番大切ですね。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら