電話相談
> >

祖父の相続登記変更で困っています。

(神奈川県川崎市幸区在住M様)
川崎の法務局に話を聞きに行ったのですがよく分からないので教えて下さい。

実は自宅不動産の名義が昭和40年に他界した祖父の名義のままになっているんです。

それを相続した父の名義に変更したいのですが、調べてみるといろんな問題が噴出してきて困っています。

法務局より必要書類のとして遺産分割協議書を提出しろと言われました。

祖父の遺産相続人は、祖母(祖父の死後他界)、私の父、伯母(祖父の死亡前に他界)の子2人(兄妹)の計4人です。

母が在日韓国人と結婚していた為、伯母は韓国の戸籍である。(生活の拠点は日本。川崎市川崎区)

父も老人ホームに入所しており命が長いとは思えない状態です。

父が亡くなると相続手続きを私がやらなければならないのですが今の時点でも分からない事だらけな上、放置すれば更に面倒臭い事になりそうなので出来るだけ早めに終わらせたいと考えています。

私はまず何から手を付ければいいのでしょうか?
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

法務局から「遺産分割協議書を提出しろ」と言われたとのことですが、遺産分割協議書以外のものはそろっており、お祖父様の相続人もお祖母様、お父様、伯母様の子2人で戸籍上確定しているということでよろしいでしょうか。

また、お祖母様の相続人もお父様、伯母様の子2人という前提に回答いたします。

戸籍謄本の取得がまだであれば、それから始めることになりますが、ご自宅不動産をお父様が取得する旨の遺産分割協議書を作成し、これに相続人全員に署名・実印で押印し、印鑑証明書を取得してもらうことになります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら