電話相談
> >

姉に対し遺留分減殺請求をしようと考えています。

(神奈川県川崎市多摩区在住O様)
母が亡くなり、母が残してくれた財産を独り占めしようと考えている姉に対し遺留分減殺請求をしようと考えています。

母の財産は父が残してくれた武蔵小杉のタワーマンションや株、現金などを考えると2億位はあると思うので相続税の対象になると思います。

がめつい姉の事なので多分弁護士を付けてきて裁判になると思いますが、裁判に勝ち何とか遺留分減殺請求が出来て1/4の財産を受け取る事が出来た場合、それは相続税の対象になるのでしょうか?
加藤 厚税理士の回答

(加藤厚税理士事務所代表)

お母様が残された財産を独り占めしようとしているというのは、その趣旨の内容の遺言書が書かれてあったということでしょうか。

そうであれば、遺留分の減殺請求をして法定相続分の半分(五千万円)を請求することが可能です。

その分は、相続税の対象となり、取得した財産分の税金を納税することになります。

まずは、遺言書があるかを確認し、もし、ないのであれば、お二人で遺産分割協議をすることになります。

その場合でも、取得分に応じて、相続税を納税することになります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[11月の放送日] 

次回放送予定

1月1日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら