電話相談
> >

遺産分割協議終了後、隠し子がいたことが判明した場合

(東京都大田区在住K様)
遺産分割協議書に基づき、自宅と賃貸アパート2棟の登記、現預金も頭割りで3等分し、全て手続きが完了した後に被相続人に隠し子がいた場合、遺産分割協議はやり直しになるんでしょうか?

遺産分割協議に時効期限の様なものはあるのでしょうか?

教えて下さい。
菱田 徳太郎司法書士の回答

(菱田司法書士事務所所長)

遺産分割協議は相続人全員で行わなければなりません。

被相続人が認知していることが戸籍から判明している場合、その子も相続人ですので、その子が参加していない遺産分割は無効です。

逆に、法律上、認知されていなければ相続人にはなりませんので先の遺産分割協議は適法です。

戸籍上、認知が確認された場合は遺産分割協議はやりなおさなければなりません。

また、遺産分割協議はいつまでにやらなければならないという期限はありませんし、一度適法に成立した協議は時効で消滅することもありません。

相続人全員が合意すれば解除することも可能です。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[9月の放送日] 

次回放送予定

9月19日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら