電話相談
> >

隣地の地中にうちの水道管が通っていたことが判明しました。

(東京都新宿区在住G様)
築36年になった自宅ですが、今回売却をしようと不動産会社に相談したところ、うちの利用している水道管が隣地の地中を通っているという事が判明しました。

こんな物件は高く売れない、なんで私に隠していたんですか?と営業マンにきつく言われたのですが、そんなに重要な事なのでしょうか?

私もうちの両親も全く知らずに今まで36年過ごしてきました。

今後考えられる問題と今出来る対処法を教えて下さい。
相続
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

たしかにこの状況では売却は困難ですね。

ライフラインが第三者所有の敷地を通っているとなれば隣接地の方にご迷惑をかけていることになります。

いつ、隣接地の方に土地使用料の請求や埋設管の撤去を求められても仕方がありません。

隣接地の所有者へ状況を説明して、埋設管の撤去と新設工事を行う事をお勧め致します。

また、現状では出来ないご理由が双方ある場合は、合意書等作成することをお勧め致します。

将来的に建築物を立て直す場合に作業を行うなどの案を記載し、書面化しておくことが良いでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら