電話相談
> >

不動産の共有名義について

(神奈川県川崎市幸区在住S様)
不動産の共有名義は後でトラブルの原因になると知人から聞いたのですがどういうトラブルが起きるのでしょうか?

教えて下さい。
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

不動産を共有していても、普通に使用しているだけなら、それほど問題にはならないでしょうが、処分等をしなければならなくなったとき、どうするか。

自宅を夫婦で共有している場合、夫婦が円満なうちはとくに問題にはならないでしょうが、離婚するといことになったとき、離婚後共有し続けるわけにもいかないでしょうから、財産分与をしてどちらかの名義にするか、第三者に売却して金銭で解決するかということになるでしょう。

また、相続等で兄弟で不動産を共有してしまった場合、次の相続が発生すると、そのときは従兄弟と共有することになる可能性が生じてきます。

さらに代が下ると、、、、、

いずれにせよ、共有することが悪いというわけではありませんが、いろいろと問題が生じやすいのは事実です。

自宅を購入するとき、資金出損の関係から夫婦共有にすることはよくあることですし、たとえ離婚することになっても、財産分与の協議がうまくできれば、それほど問題にならずに済みますが、相続等で不動産を兄弟で共有する場合は、よくよく考えた方がいいでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら