電話相談
> >

借地権について悩んでいます。

(神奈川県横浜市港北区在住O様)
平成18年に地主さんから借地を購入して欲しいと言われました。

「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」という書類を提出する必要があったらしく底地を購入した際に地主さんに「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を提出しないまま、3か月前に父が他界しました。

相続手続きを行うため必要書類の確認のため税務署に問い合わせをした際、底地購入時に「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を提出していないと贈与税を支払わなければならない』と言われました。

この場合、贈与税を支払うしか方法はないのでしょうか?

私は一人息子で母は既に他界しています。

知らなかったでは済まされないのでしょうか?
佐藤 亜津子税理士の回答

(佐藤税理士事務所代表)

お父様より地代を受け取っていれば贈与税がかかることはありませんが(その場合は所得税がかかります)地代を受け取っていなかった合には「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を税務署に提出しないと贈与税がかかります。

税金については、知らなかったということでは済まない、というのが実情です。

したがって本来贈与税の申告納付が必要であったといえますが平成18年分の購入ということは法定申告期限(平成19年3月15日)より6年経過していますので今までに税務署からの督促等がなかったのであれば贈与税の時効が成立しているかと思われます。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら