電話相談
> >

ゆとり返済で支払いが厳しいです

(東京都練馬区在住F様)
昨年から給与が減額となりボーナスもほぼ無の状態です。

収入は頭打ちとなったのに13年前に購入したマイホームの返済がゆとりローン利用なので11年目からは返済額は更にアップしてもう八方ふさがりです。

当初8万程度の支払いが15万以上になってしまいました。

奥様のパート収入も8万でも生活は赤字続きです。

このまま娘が進学すれば、定年目前で貯金はおろかまだ残っている住宅ローン以外の借金まで負っていることになります。

行き詰る前になんとかしようというのが偽らざる気持ちです。

あの時ゆとり返済を選択し背伸びしてしまったのが間違いの始まりです。

今では後悔しています。
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

F様ご相談有難うございます。

これだけ長期に景気が低迷する昨今、ゆとり返済(ステップ返済)で苦しんでいる方はF様だけではありません。

私も現役の営業マン時代、住宅金融公庫のゆとり返済を利用してマイホームを何件も購入して頂いた経験があります。

流石に10年後にここまで景気が低迷するとはその当時私もお客様も夢にも思っていませんでした。

そういう意味では11年後に収入が減少し、返済が増加する逆ザヤ状態では住宅ローンの返済、税金の滞納で苦しむのは残念ながら当たり前の話です。

だからといって何も策を打たなければ債権回収機構の言いなりとなり競売されてしまう。

それは絶対に避けなければいけない。

任意売却という形を取り、私共が交渉して債権回収機構から引越費用を捻出致します。

残念ながら自宅を手放す形にはなるかもしれませんがこの低金利時代に高金利でしか借りられない状態でそれも収入の増加が大幅に期待できないのであれば自宅維持は断念し、生活をスモールダウンすべきです。

お会いした事もない方にここまで書くと生意気とかお叱りを買うかもしれませんが、それが私の今までの経験からくる偽らざる本音です。

日本人は農耕民族ですからどうしてもその土地に固執する傾向にあります。

しかし悪い過去は忘れ、その土地から離れリスタートすべきだと思います。

不動産で思い悩むのはとても苦しい事。

もうその辛さ、悲しさから解放され自宅を任意売却して住宅ローン、税金の返済からおさらばして新しい人生を歩みましょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら