電話相談
> >

父が認知症になり実家を売却したいと考えています。

(東京都新宿区在住H様)
父が認知症になりこの度自宅近くの老人ホームに入れる事になりました。

自宅建物と土地は父の名義で、それらを売って父の今後の生活費やホームの費用に当てたいと思っています。(母は既に他界しています)

今まで父の入院費用を払ってきました。

妻にも迷惑を掛けてしまい、将来の自宅購入の為の頭金をコツコツ貯金していましたが、そのお金もほとんど底をついてしまいました。

実家(東京都小平市)の売却で得られた分を、私が今まで父の生活費として立替分として父から返してもらうという形でまとまったお金をもらえればと思っています。

父は痴呆が進み、いろんな判断ができないような状況で今後の経済的な話をしても、全然理解できていない状況です。

こういう場合、子供である私(一人息子です)が父の代理人となってに不動産を売却する事は出来るのでしょうか?

もしそれが出来ないのであれば、そのお金の使い道は父の今までの生活費の清算と父の今後の生活費(施設)に宛てる事をお約束します。

初めての事でどこに相談すればいいかも分かりません。

このホームページはいろんな先生方がお答えされているのでとても心強いです。

宜しくお願いします。
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

不動産を売却するには、所有者がその意思表示をすることが必要になります。

老人ホーム入居費用を捻出するため売却する必要があるのに、所有者ご本人が意思表示することができない場合は、成年後見制度を利用することになります。

家庭裁判所に後見開始審判の申立てをして、成年後見人を選任してもらい、その後見人がご本人(お父様)の法定代理人として、不動産を含む財産管理と身上監護をすることになります。

成年後見人は、家庭裁判所が選任することになりますが、あなたをその候補者として申し立て、特に問題がなければ、あなたが選任されるでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら