電話相談
> >

家賃滞納者を相手に裁判をしました

(東京都品川区在住H様)
相続対策でアパート経営をしている者です。

この度、家賃滞納者を相手に裁判をして支払いの命令の判決が出たのですが、賃貸人本人は当然支払う金がないので立ち退くという条件で支払いを免除することで和解しました。

現在連帯保証人とはまだ和解していない段階ですが、本人から回収出来ない事が分かった以上、連帯保証人相手にこの苛立ちをぶつけ、何とかギャフンと一発かましたいのですが、何か良い方法はないですか?

こちらとしてはもう未納家賃を回収するつもりはないのですが、のうのうと無視している態度が許せません。

滞納されている被害者ですので、これ以上お金のかからない方法でいじめる方法はありませんか?
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

お気持ちは痛いほど分かります。

賃貸経営をしていると滞納は必ず起こる事です。

初動が遅れこういう立場になってしまった反省を踏まえ、今後このようにならない様に対策を打つべきだと思います。

賃貸アパート経営というのは投資行為です。

不動産に限らず、投資・運用で失敗する事は普通にあります。

悪い事は引きづらずに忘れる事。

それも大切なんじゃないでしょうか?
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら