電話相談
> >

父の兄妹は不仲です。

(東京都新宿区在住K様)
父の兄弟間で相続問題があります。

祖母が昨年末亡くなりました。(祖父は4年前に他界。)

父は次男で不仲の兄と妹の3人兄弟で今回の相続人はこの3人になります。

不仲の兄夫婦が祖母の預金通帳や実印など財産を全て把握しており兄(長男)は働きもせず好きなように使っていたみたいなのですが、葬儀以降父には何もない知らないと図々しく言い続けています。

兄夫婦は「祖母が名義変更を生前にしてくれたのだ」と私にまくし立てて言ったそうです。(この時点で十分怪しい。)

私は素人なので分からないのですが、不動産や通帳の名義変更は法律に無知な伯父でも簡単に出来るのでしょうか?

またその名義変更された不動産や銀行の預金通帳を兄弟は知る権利はないのでしょうか?
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

お祖母様の生前に不動産や預金の名義を変更すること自体は、それほど難しい手続きではありません。

あなたのお父様が知らない間に、伯父様の名義に変更されているということも考えられなくはありません。

ただ、お祖母様の相続開始後に名義変更(預金の解約を含む)をするには、お祖母様の遺言書(あればの話ですが)によるか、あなたのお父様、伯父様、叔母様、相続人全員が手続きする必要があるのが原則です。

また、生前に名義変更されてたとしても、不動産については、誰でも法務局で登記簿謄本を取得できますし、預金についても、あなたのお父様が相続人として銀行に照会することはできるはずです。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら