電話相談
> >

借地権のメリット、デメリットを教えて下さい。

(東京都板橋区在住S様)
借地権の新築戸建を購入しようと検討しております。

土地は所有権ではなく借り物だとは分かります。

住宅購入の初心者なので、借地権のメリット・デメリットを教えて下さい。

宜しくお願いします。
借地
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

借地権には地上権と賃借権がございます。

借地権には土地を借りるにあたり、土地所有者(地主)とのトラブルを避けるために「借地借家法」があります。

借地借家法には普通借地権と定期借地権の二つがございます。

普通借地権は借地期間を最低30年とし、賃借人が希望すれば自動更新されるという権利。

定期借地権は一般的に借地期間を50年とし、期間満了後には土地を更地にして土地所有者(地主)に返還する義務がある権利です。

改正前の旧借地法による借地権が設定されている場合は、引き続き旧借地法が提供されます。

借地期間などに違いがありますので、借りる土地にはどの借地権が適用されているのかを事前に確認をしておく必要があります。

借地権のメリットデメリットです。

大きく分けてですが下記のようなことが考えられます。

メリット

○所有権に比べて安くて敷地が広い
○普通借地権と定期借地権固定資産税・都市計画税がかからない
○一般的に地主さん(その地域に昔からいる盟主)やお寺さんが所有している土地なので立地の良い場所であること

デメリット

○土地が所有権ではなく借り物
○地代が毎月かかること
○売却や建て替え等する場合は地主さんに承諾が必要になること、またその際費用がかかること。

初期費用を抑えたいのであれば借地権の物件、将来的な資産価値を考えるのであれば所有権の物件と、自身のライフプランに合った物件を探してみてはいかがでしょうか。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[10月の放送日] 

次回放送予定

1月1日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら