電話相談
> >

自宅が競売にかかって執行官から手紙が届きました。

(東京都葛飾区在住S様)
自宅が競売になり、裁判所の執行官から「現況調査をするので連絡をください」との手紙が届きました。

連絡をしてみますと、近いうちに調査をするので都合の良い日時を決めて連絡をくださいとの話でした。

写真を撮るなどの事もおっしゃっていたのですが、調査とはどのような理由で、どのような事をするのでしょうか?
宮口督史相続診断士・宅地建物取引主任者の回答

(株式会社エムズコンサルタンツ代表取締役)

執行官と聞くと強制執行と同じ執行という文字ですし、何かしらの職権を持っていると想像できる威圧的なイメージですよね。

しかし、執行官の調査とは、裁判所の嘱託として単に物件の現況調査にくるだけであって、その調査報告から、競売入札に関わる書類(物件明細書・現況調査報告書・評価書 ※俗に言う競売3点セット)を裁判所が作成します。

競売入札者は家の中の状況や、間取りなどを知りたいわけですから、写真や居住者の陳述内容などが調査を元に記載されている訳です。

執行官は債権者ではありませんし、「お金を返して」など迫られることもありませんのでご安心ください。

普通の方で、近隣にも迷惑にならないよう気遣いしてくれます。

ほとんどの場合、不動産鑑定士などと2人で来て、すぐに帰っていきます。

測量をしたり、引き出しの中身を見るなどのこともありませんし、特にお掃除などをして迎える必要などもありません。

但し、連絡を取らないでいると「鍵解除の告知」をした後、民事執行法に基づいて鍵を解錠し勝手に調査されますので連絡を怠らないようお願いします。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月21日(木) 16:15~16:45

「火災でなくても火災保険会社から保険金が頂ける?」

[ゲスト] 三谷豊実

→視聴方法、過去放送分はこちら