電話相談
> >

先月父が交通事故で亡くなりました。

(東京都品川区在住W様)
先月父が交通事故で亡くなりました。

現在鑑定中ではございますが、文京区目白台にある自宅,水道にアパートを含め恐らく2億円の相続財産があることが分かりました。

また、父の事業関係の借金も2億近くあります。

私は限定相続という手法で相続をしようと考えていますが、手続等詳しく教えて下さい。
添田 樹一弁護士の回答

(川崎つばさ法律事務所代表)

限定相続とは限定承認のことだと思いますので、限定承認という前提で話をさせて頂きますね。

今回の場合のように、プラスの遺産とマイナスの遺産のどちらが多いかわからないという場合、相続したマイナスの財産を相続したプラスの財産から弁済し、債務超過の場合は相続人固有の財産で弁済する責任を負わない、というのが限定承認です。

清算の結果、残余財産(プラスの財産)があれば、相続人に帰属することになります。

限定承認をする場合には、自己のために相続の開始があったことを知ったとき(通常は被相続人が死亡したとき)から3ヶ月以内に家庭裁判所に限定承認の申立てをする必要があります。

この3ヶ月の期間は、一部の相続人が期間を経過していても、他の相続人について期間が満了していないかぎり、最後に期間の満了する者を基準でよいとされています。

なお、あなた以外にも相続人がいる場合には、相続人全員の共同でなければ限定承認の手続はできないことになっています。

つまり、相続人のうち1人でも反対する者がいれば、限定承認の手続はできません。

また、限定承認は、限定承認の公告、相続財産の競売など手続が煩雑です。

なので、実際は限定承認という方法は実務上はあまり使われていません。

マイナスの財産がある程度明確になっている場合には、不動産の売却先を探しつつ、債権者と交渉し、債権者に債権額をカットしてもらうことも方法も一つだと思います。

3か月という期間は家庭裁判所に申述して延長することも可能ですので、期間を延長してある程度プラスとマイナスの財産を把握して、債権者との交渉するか、相続放棄するかを決めるというのも一つの方法です。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[5月の放送日] 

次回放送予定

5月30日(木) 16:15~16:45

「炎上の背景から何が見えるか?」

[ゲスト] 真鍋厚(フリーライター)

→視聴方法、過去放送分はこちら