電話相談
> >

長男が知的障害者です。

(神奈川県横浜市都筑区在住A様)
夫名義の土地建物を相続するに当たり質問させて下さい。

三か月前に夫が亡くなりました。

相続人が私、長女と長男の3名なのですが、長男は知的障害者で、自分の名前は書けますが難しい話を理解する事は厳しいです。

そこで、法定相続分での登記であれば、後見人を選任することなく登記をすることができるとネットに書いてあったのですがそれは正しいのでしょうか?

そうなると私が持分二分の一、長女、長男が四分の一ずつになると思いますが、将来の事を考えると法定相続分で登記するのがいいのか疑問です。

ずっと病院暮らしの長男の事を考えれば、長男の名義は入れない方がいいのではないかと思います。

私の考えは間違っていますか?

助言お願いします。
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

確かに、相続人の中に、成年後見に付す必要があるような方がいる場合でも、遺産中の不動産について、法定相続分で相続登記手続きをするのであれば、遺産分割の必要がないので、必ずしも後見制度を利用する必要はないかもしれません。

また、ご長男の名義を入れない方がいいのかという点については、今後当該土地建物を売却等する予定がある場合は、ご長男の持分があれば、後見制度を利用しなければならないということになるかもしれません。

一方、特に売却や建替え等で担保に供する予定がなければ、ご長男の持分があっても差支えはないとは思われますが、何らかの公的な扶助を受けるような場合に、不動産を所有していることがネックになるということがあるかもしれませんので、そこはよく検討された方がよろしいかと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら