電話相談
> >

実家の借地権の話ですが・・・

(兵庫県在住O様)
実家の事なのですが、亡き父が遠い親戚の土地に家を建てて45年経ちます。現在は母が一人で住んでいます。親戚だと言うことで、借地契約も無く固定資産税も一切払っていませんでした。

父が22年前に亡くなってからは、母が年2回税金を支払っていました。

この度、突然新しく建物を建てたいということで立ち退きを要求されました。(地主でたくさんの賃貸物件をお持ちなのですが)しかも、この1,2ヶ月の間に出て行って欲しいとのことです。

引っ越し代くらいは出すとのことですが、それではあんまりでは?というと300万といわれました。

契約書もないのでこちらが弱い立場だと思いますが、ずっと住んできましたので、こちらにも権利はあると思いますが、いくらくらいなら要求できるのでしょうか?
相続借地
添田 樹一弁護士の回答

(川崎つばさ法律事務所代表)

地代を全く払ってこなかったということは、当初から土地の賃貸借契約が成立していないと思われます。

おそらく、土地を無償で使用することができる使用貸借契約が成立していると考えてよいと思います。

使用貸借契約上の使用借権は、賃借権に比べ、弱い権利です。

具体的事情を詳しくお聞きしてみなければ明確な回答を出せませんが、おそらく立ち退きを求められた時点で、使用借権は終了しています。

そのため、立退料として300万円をもらえるだけでも非常によい条件だと思います。

通常は、立退料も支払われず、原状回復のため、建物の収去費用もこちらで負担する必要があります。

すぐに300万円を受領して退去した方がよいでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら