電話相談
> >

父に遺言を書いてもらおうと思っています。

(神奈川県横浜市中区在住O様)
年も年なので父に遺言書を残してもらおうと思いますが、我が家には大した蓄えがなく、遺言書を作成する事によって発生する弁護士などに支払うお金はありません。

よって今ネットで色々と勉強している最中です。

うちの様な貧乏人は自分で普通の紙に書いてもらうだけでも公的に認められる遺言書になりますか?

実は父には兄弟がいて、長男・次男(父)・三男の3人兄弟なんです。

うちの父の兄にあたる長男家族が最低な人達で、競艇キチガイで稼いできた金は全て競艇に突っ込み体の弱い父にお金を借りてばかりなんです。

父が亡くなった時には全ての財産は母に2分の1やるのではなく私と私の弟に残すようにしてもらおうと思っています。

それには父も母も納得しています。

母は長男家族とそりが合わず借金の催促をされるのに怯えている状態なんです。

財産といっても僅かな現金と築32年の今の自宅だけです。

早く遺言書を父に書かせ、早く母の精神的負担を解消してやりたいのです。
遺言
山寺雄太行政書士の回答

(山寺行政書士事務所代表)

遺言書はご自分で作成することもできますが、決められた形式を守らないと無効になる恐れがありますので注意が必要です。

また、「公正証書遺言」と言う公証役場で作成する遺言と異なり、ご本人が亡くなった後の手続きが煩雑なものになったり、場合によっては遺言書の偽造・改ざんの恐れもあります。

今は様々なところで無料相談会等を行っていますので、一度専門家に御相談されることをお勧めします。

また、財産は御自宅と現金が少しだけとのことですが、御自宅の立地や広さ等により、遺言書の内容によっては相続税がかかる可能性もありますので、そこにもご注意ください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら