電話相談
> >

兄に騙された形で私の知らないところで相続が終わっているのを知り超ムカついています

(神奈川県横浜市神奈川区在住U様)
今から10年位前に私には内緒で両親が兄に両親が祖父から相続した賃貸マンションを生前贈与した事を先日知ってしまいました。

兄はそんな素振りを一切見せず、両親も何も話はしてくれません。

何故妹である私だけ財産を分けてもらえないのか理由を知りたいのですが相手にもされず超ムカついています。

色々検索して調べているのですが、遺留分減殺請求という形で兄が贈与を受けた不動産の半分の価値を私が兄に対して裁判をすれば、請求できるところまでは分かってきたいのですが、調べればその請求権に時効があるという話も目にしてパニクっています。

今の私でやるべき最善策をどなたか教えてもらえないでしょうか?

質問になっているのか分かりませんがお願います。

今のまま放置する事は出来ません。

納得できないのです。
田畑淳弁護士の回答

(弁護士法人アリスト溝の口法律事務所所長)

遺言がない場合については、両親が亡くなり、相続をする際にマンションの価格を相続財産にプラスして、各々がどれだけの財産を相続するのかを計算することとなります。

たとえば、マンションが父親の所有であった場合ですと、父親が亡くなった際の財産が6000万円あり、マンションの価格が2000万円とすると、その合計額の8000万円を母親が2分の1(4000万円)、兄弟二人で4分の1ずつ(2000万円)を相続することとなります。

そして、お兄さんはすでに2000万円のマンションをもらっていますので、父親が亡くなった際の6000万円を母親が4000万円、弟さんが2000万円と分ける
こととなります。

これに対して、遺言が残されている場合には原則として遺言のとおりに遺産を分けることとなります。

例えば,先程の例で財産はすべてお兄さんに譲るといった遺言が残されていた場合,6000万円すべてがお兄さんのところに行くこととなるわけです。

こういった場合に出てくるのが遺留分減殺請求権です。

この権利を弟さんが使った場合,先ほどの例では相続財産6000万円(マンションを贈与したのが父親が亡くなる1年以内であればそれを加え,借金等債務を減じた額)の2分の1に法律で定められた相続の割合である4分の1をかけた750万円は受け取ることができることとなります。

なお,遺留分減殺請求権は,相続の開始と贈与等があったことを知ってから1年間経つと時効となり,使うことができなくなります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら