電話相談
> >

アパートを相続したくないんです

(東京都中野区在住H様)
父母の体調も優れない為、将来の相続トラブルに関して不安を持っています。

我が家は妹と私の2人兄弟なんです。

相続資産は庭先にある古いアパートとわずかなお金です。

築年数は40年位経つので建物の資産価値はありません。

私自身もこんな古いアパートに金を掛ける気にもならず、その上住人に粗暴な人間がいたり、家賃を滞納する人間がいたり、生活保護の人間がいたりして私と妹の悩みの種になっています。

出来ればアパートを相続したくないんです。

とは言っても現金もありますし、生命保険もありますので相続放棄という手続きは出来ません。

どうすればいいのでしょうか?
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

まず、ご相談の事例を、お父様が庭先のアパート及びその敷地(自宅及びその敷地は別の方名義?)並びに現金少々を持っていて、貴方を死亡保険金受取人とする生命保険の契約者兼被保険者となっていると仮定してよろしいでしょうか。

そして、あなたとしては、問題のあるアパートを相続したくないが、現金と生命保険があるので、相続放棄はできないと考えていらっしゃるものと思います。

お父様の相続を想定して、まず、生命保険の死亡保険金は相続財産ではないので、相続放棄しても受け取ることができます。

「わずかな現金」であれば、それは生前に贈与を受けておけばいいでしょう。

そうすると、問題のアパートを相続したくなければ、相続放棄という手続きを選択することも不可能ではありません。

ただ、前記仮定の事例は、実際には考えにくい(資産は庭先のアパートだけではない)という気がしますので、相続放棄を選択するのは難しいと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月21日(木) 16:15~16:45

「火災でなくても火災保険会社から保険金が頂ける?」

[ゲスト] 三谷豊実

→視聴方法、過去放送分はこちら