電話相談
> >

任意売却業者に騙されたようです…

(東京都北区在住K様)
はじめまして。

今回、住宅ローンの返済に困り、インターネットで見つけた全国対応の任意売却専門業者に自宅の売却を依頼していましたが、結果売ることができずに競売を金融機関に申立てられてしまいました。

この業者とは、最初に家を見せて任意売却の契約をしただけで、定期的な連絡もなく、いくらで家を売りにだしているのかも教えてくれませんでした。

競売になる直前くらいに、全く売れないのでウチで買うかもしれないと、その業者が言ってきたのですが、不審に思い金融機関の担当者に問い合わせたところ、自宅内で犬をたくさん飼っているので、一般の人には売れないと業者が言っていたと聞きびっくりしました。

妻が動物アレルギーで犬なんて買っていないのに…。

どういうつもりだったか知りませんが、あんなにインターネットで大きく全国対応という宣伝をしている業者ですら、そんな嘘をつくのですね。

私は騙されたのでしょうか?

いずれにせよ、このまま競売にはしたくないので、ちゃんとした業者の選び方を教えていただければ。

こちらのサイトなら信頼できると思ったので宜しくお願いします。
宮口督史相続診断士・宅地建物取引主任者の回答

(株式会社エムズコンサルタンツ代表取締役)

K様はじめまして。

質問を拝見させていただきましたが、手前供も同じような被害にあった事例を数件、知っております。

任意売却の専門家である私たちとしましても、とても腹立たしい思いです。

まず「任意売却」は、一般の不動産売却と比べて、非常に複雑な不動産売却方法になります。

その為、業者が悪質な業務を行っていたとしても売主側は、なかなか理解しにくく、立場的にも積極的に介入しづらい一面があります。

しかし、任意売却は一般的に金融機関も推奨するものになりますから、当然にきちんとした法律、ルールに則っています。

ですから、任意売却でのトラブルや悪質な業務は、業者の対応を見れば分かってしまうモノなのです。

例えば、ご相談者様の質問にもありますが、

「販売している価格が分からない」

これは、専任媒介契約書には、価格を明記することが求められていますから、債権者から売出価格の指示があれば当然、売主に報告し媒介金額を印字した専任
媒介契約書を作らなければいけません。

ですから、ご相談者様が「いくらで売っているのかわからない」なんて事は絶対に有り得ないのです。

その他にも、「レインズへの登録義務」や、売主への「業務活動の報告」などについても、専任媒介契約書には明記してあります。

また、悪質な業者であれば、積極的な販売活動をしていない可能性もありますので、自分でインターネット上に物件が掲載されているかも調べるべきです。

売主が制限しないにも関わらず、インターネットでの物件掲載がされていなければ、ちょっと怪しいと云わざる得ませんね。

この業者さんは自分のところで物件を仕入れる目的で虚偽の販売活動をしていた可能性があります。

いずれにせよ、こういった不誠実な業者とは一日でも早く手を切ってください。

ちゃんとした業者を見分ける方法は一概に言えないものがありますので、相談者様については、今までの経緯を踏まえて誠実に対応していただける業者を選んで頂けたらと思います。

当然、私たち専門家ですぐにご相談・お手続きをする事ができますので、詳しい内容を教えていただけたらと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら