電話相談
> >

離婚の際の不動産の財産分与について教えて下さい

(神奈川県川崎市幸区在住M様)
結婚当初から性格の不一致を感じておりただ今、離婚協議中です。

そこで問題があるので質問です。

私達には子供はいませんが、今住んでいる土地と建物は結婚後に手に入れたのですが、どちらも私達がお金を出して購入したものではありません。

土地は主人の父がお金を出してくれて現金で購入しました。

しかし取得後、半年もせずに他界。

自宅は義母が現金を出して、主人との共有名義です。

今考えるとおかしな話ですが。登記していない為名義人はなし。

将来的には義母との同居の予定だったが、離婚を前提として話をしているので、この自宅をどの様に財産分与するのかが争点となっています。

法的に考えたらどうするべきなのか?

私としてはもらえるものはもらいたいというのが本音です。

弁護士の先生、ご回答の程宜しくお願い致します。
北村 亮典弁護士の回答

(こすぎ法律事務所共同代表)

夫婦が婚姻期間中に取得した財産は,例えどちらの名義で買ったものであっても、基本的には全て夫婦が協力して得た財産として、財産分与の対象となります。

しかし,婚姻期間中に取得した財産であっても,夫または妻の固有の事情で取得した財産、夫または妻の固有の才覚だけで取得された財産の場合は,夫または妻の「特有財産」として財産分与の対象とはなりません。

また、婚姻前に購入した財産も、財産分与の対象となりません。

ご相談のケースは、土地は、ご主人の父親が全額現金を出資されたとのことですので、ご主人の「特有財産」となるでしょう。

建物も、ご主人の母親がお金を出しているとのことですので、こちらもご主人の「特有財産」となります。

したがって、自宅については、ご主人の特有財産になりますので、離婚の際の財産分与の対象とはなりません。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月27日(木) 16:15~16:45

「退職代行業務の現状」

[ゲスト] 小澤亜季子(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら