電話相談
> >

以前に相談させたいただいたものですが・・・

(東京都世田谷区在住S様)
東京都世田谷区のSです。

以前に相談させたいただいたものですが、ご回答ありがとうございました。

完全に成功報酬で見直しをしていただけるとのことでとても興味深いのですが、いくつか疑問点が出てきました。

父が亡くなったのは3年前とお話ししましたが、実は昨年税務調査が入り、追加で相続税を納めています。

もともとは1億8,000万円でしたが、追加で納付したのは2,000万円で合計2億円となります。

税務調査が入ったので、既に税金としては確定していて、見直しの対象にならないのではないか?というのが1つめの質問です。

また、お恥ずかしい話ですが相続人は私と弟の2人なのですが、今回の相続の件でもめたこともあり仲が良くないです。

出来れば弟とは話もしたくないのですが、1人だけで依頼するというわけにはいかないですよね?

あと、今回相続税の申告をお願いした税理士は前回質問させていただいた際にも書きましたが、昔からの付き合いがありとてもお世話になっています。

こういう見直しをお願いしたことが分かると気分を害してしまうのではないかと心配です。

今後の付き合いとかを考えると、見直しはしない方がいいのではないか?と思ってしまいました。

質問だらけで申し訳ないですが教えていただけると助かります。
佐藤 和基税理士の回答

(佐藤和基税理士事務所所長)

相続税の見直しに興味を持っていただけたとのことで、ありがとうございます。

ご質問の内容を簡単にまとめると下記の通りになると思います。

①税務調査が終っているけど見直しの対象になるのか?
②相続人1人で依頼することは出来るのか?
③当初申告をした税理士に知られたくない

まず①の税務調査が終っている場合ですが、税務調査は追徴課税を狙ってきます。

おそらく預金調査は特に力を入れてきて、かなり細かいことも聞かれたと思います。

残念ながら納税者に有利となるような土地評価等の減額については税務署から指摘してくれることはほとんどないのが実情です。

土地の評価を下げるためには、現地調査、役所調査をして減額要素を探さなければならないため、税務署も減額要素に気付いてないでしょう。

逆に税務調査が終っているのであれば、これ以上増額になることはありませんので安心して相続税の見直しをすることが出来ますし、還付の成功率も高くなります。

次に②の相続人1人で依頼することは出来るのか?という点ですが、還付の際には相続人全員で受けることが出来るので、出来れば相続人全員で手続きをするのが望ましいですが、1人で手続きをすることも可能です。

例えば、還付金額が2,500万円×2人の5,000万円だった場合、1人だけ請求する場合に還付を受けられる金額は2,500万円になります。

最後に③の当初申告をした税理士に知られたくない。という点ですが、相続税の還付請求をする際には、更正の請求(又は更正の申出)に「税務代理権限証書」という委任状を添付することになります。

そのため、税務署からの通知も当初の税理士ではなく、新たに「税務代理権限証書」を添付した当事務所に連絡が来ますので、当初の税理士に知られることはありませんのでご安心ください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら