電話相談
> >

祖父名義の土地に建つ建物が未登記でした。

(東京都板橋区在住J様)
2年前に父を亡くし、私名義に相続登記をしようといたところ、自宅に1筆だけ祖父名義の土地があることを知りました。

それに加え、母屋は父名義の登記なのですが誰も住んでいない離れは未登記という事が発覚したのです。

そこで祖父名義の土地を父がいない状態で私の名義にするにはどうしたらいいですか?

それと祖父が建てた築53年になる離れは未登記なのですがどうすれば私名義に出来るのでしょうか?

因みにどちらの物件も、固定資産税を支払っています。

何故名義がないのに今まで固定資産税を父宛てに請求した来たのか不思議です。

あと未登記のままにしておくと何か問題がありますか?
四方 直樹司法書士の回答

(四方司法書士事務所代表)

ご相談いただいた問題点として、

①祖父名義の土地
②未登記の離れ
の2つございますが、それぞれお答えさせていただきます。

①の祖父様名義の土地につきましては、相談者様を所有者とするためには相続登記を申請致します。

こちらは既にお父様がお亡くなりになられておりますが、直接相談者様の名義に移転させることも可能かと思われます。

そのためには、祖父様の相続人であった方(お亡くなりになられている方がいらっしゃっる場合は、その相続人の方)、お父様の相続人、の全員の同意が必要となります。(実際には、この1筆も相談者様名義とする遺産分割協議書にハンコをいただければということです)

お父様の相続登記を行う際、その旨司法書士等にご相談いただければ、まとめて一緒に登記してもらえるかと思います。

②につきましては、なかなか難しいところではございます。

原則としましては、建物を建設した以上、最初の登記(建物の表示登記といいます)は、申請する義務がございます。

これを怠ると、10万円以下の過料が科せられると不動産登記法に定められております。

ただし、この過料が科せられることは現実的にはまずありません。

なので、そのままでも問題無いと言えるかもしれません。

しかし将来の親族間での揉め事の回避、不動産を担保に融資を受けられたりする可能性等があるようでしたら、相談者様名義の表示登記を申請されることをお勧め致します。

表示登記につきましては土地家屋調査士の方が専門となります。

①の相続登記と同様、他の相続人の同意を得られれば、相談者様名義の建物との表示登記が可能です。

また、登記名義がないにもかかわらず、固定資産税がお父様宛に請求がきていた件ですが、あくまでも、固定資産税は法務局にある不動産登記簿記載の名義人ではなく、市役所等にある固定資産課税台帳に記載ある方に請求がきます。(もちろん通常は登記名義を変更すれば、翌年から課税台帳もそれに伴い書き換えられます)

なんらかの理由でもともと課税台帳にお父様の記載があるようでしたら、たとえ登記名義はまだないとしても、役所からは課税台帳記載の方へ請求がくることとなります。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら