電話相談
> >

へー●ルハウスで賃貸併用住宅を建てようと思っています

(神奈川県川崎市高津区在住E様)
昨年末へー●ルハウスの賃貸併用セミナーに行って以来今の自宅と隣の老朽化したアパートを壊してアパート併用住宅を建てたいなと思っています。

まだ情報収集をしている段階で漠然としているのですが、相続税対策を考えると賃貸併用住宅はアリだなと思っています。

今のところへー●ルハウスしか話を聞いてはいませんが、他のハウスメーカーであればどんなところに相談すれば良いでしょうか?

あと賃貸併用住宅のメリット、デメリットも教えて下さい。
高木 優一宅地建物取引士の回答

(株式会社トータルエージェント代表取締役)

相続対策に賃貸併用住宅というのは流行ですよね。

へー●ルハウスハウスはじめハウスメーカーは評価額を下げるという意味で賃貸併用をお勧めして受注を取るのに色々セミナーを開催していると話は聞きます。

勿論賃貸収入を得て建築費の返済に充てるというのは聞こえはいいのですがメリットがある反面デメリットがあることを忘れてはいけません。

デメリットは同じ敷地内での事故です。

賃貸併用住宅というのはその名の通り自宅の上に賃貸部分が乗っかるわけです。

勿論何のトラブルもなく30年超安定して賃借人が入居してくれれば構いません。

勿論その点に関しては家賃保証という事でメーカーさんがアピールしてくるでしょう。

しかし万が一、室内で自殺や事故が発生したらどうでしょうか?

近隣で自殺や事故があっただけでも告知しなければいけない昨今の不動産取引市況の中で敷地内での事故は致命傷であり、不動産価値を大きく下落させる要素になります。

実はこの話はハウスメーカーの営業マンは誰もしません。

何故なら建築してから賃貸業界の中でこういう現状があることを知らないからなんです。

彼は建築受注を取ることが全てであり、建築後の賃貸管理は別会社の管理部門のお仕事になります。

物事にはメリットとデメリットがあります。

賃貸併用住宅に関し私なりの意見を述べさせて頂きました。

よくお考え頂き、ご判断頂けるとよいかと思います。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[6月の放送日] 

次回放送予定

6月20日(木) 16:15~16:45

「外国人雇用のススメ」

[ゲスト] 石塚毅(株式会社求人)

→視聴方法、過去放送分はこちら