電話相談
> >

寄与分がある場合の遺留分について教えて下さい。

(東京都港区在住S様)
寄与分がある場合の遺留分について教えて下さい。

遺産総額が1億円だったとします。

母が他界し、相続人は息子2人(父は既に他界)

寄与分がなければ、普通に考えれば4分の1の2500万円が遺留分となると思います。

「全財産を長男に相続する」という遺言書が見つかった場合、長男が寄与分5000万円を認めたとすれば、次男の遺留分は、1250万円となるのでしょうか?
菱田 陽介司法書士の回答

(菱田司法書士事務所副所長)

遺言書を尊重するなら遺留分2500万円を請求することになります。

話し合いで、寄与分が5000万円認められるのならば、すでに遺留分を侵害していないので遺留分は問題にならないと考えます。

状況に応じて、遺言を尊重するか、遺産分割協議を行うか、調停を利用するかの選択をしてください。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[3月の放送日] 

次回放送予定

3月28日(木) 16:15~16:45

「なぜ、飲食店は一年でつぶれるのか?」

[ゲスト] 石﨑冬貴(弁護士)

→視聴方法、過去放送分はこちら