電話相談
> >

2年前に父が亡くなり相続で揉めています。

(東京都板橋区在住S様)
2年前に父が亡くなり相続で揉めています。

私は、前妻の子になり、姉、弟がおります。

父は後がおり、後妻との間に二人娘がおります。

父は、現金、株、ゴルフ会員権の他、父の経営していた工場と3個の不動産があります。

1、店舗、アパート兼住宅で後妻が住んでます。(築23年)
2、築35年のアパート(家賃収入月25万円。
3、築3年、店舗、16部屋のマンショ ン(評価額1億4千万)後妻
娘家族が住んでます。

後妻家族が示した協議内容は、相続は、子一人2400万円ほどになるようです。

私は、現金よりも不動産を相続したいです。

後妻が住んでいる不動産は、現在も後妻が住み、新しいマンションは後妻の娘たちが住んでおり、私たち前妻の子には現金で、後の全ての不動産は後妻が相続希望しています。

もう1件の築35年のアパートは毎月の家賃収入が25万円ほどあります。

評価額は、1700万円だそうです。

築35年のアパートを相続し、差額を現金で。。と考えておりますが、修繕費、維持費、管理とか大変ですか?

35年のアパートより、築浅のマンションか一軒家の方がいいでしょうか?

できれば、毎月の家賃収入で生活して、貯金も増やし、時期をみて売却し、現金に。。という考えは甘いでしょうか?

築15~20年の古さだと、小さい一軒屋も買えなくはないです。

マンションは、土地の権利がないので考えておりません。

ど素人なので、いいアドバイスを宜しくお願いいたします。
鹿山 博樹宅地建物取引士の回答

(株式会社GMコーポレーション代表取締役)

アパート等の収益物件を相続すれば、毎月賃料収入を得られるというメリットもあるでしょうが、あくまで賃貸経営なので、収益が得られる反面、支出もあるでしょうし、何らかのリスクに直面するかもしれません。

築35年も経っていれば、修繕費もそれなりにかかるでしょうし、いずれは建替えということも考えなければならないかもしれません。

アパートを相続するなら、「事業を営む」という覚悟が必要でしょう。

いずれは売却して現金にしたいとのお考えなら、今回の相続で少しでも多くの現金を貰うように考えた方がいいかもしれません。

ただ、遺産の詳細がわからないので、何とも言えません。

資料等を用意して一度専門家に相談されてはいかがでしょうか。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[1月の放送日] 3(木)、10(木)、17(木)、24(木)、31(木)

次回放送予定

1月24日(木) 16:15~16:45

「川崎市の障がい者対策」

[ゲスト] 松本幸治・浅野文直(川崎市議会議員)

→視聴方法、過去放送分はこちら