電話相談
> >

先月父が亡くなりました。

(東京都北区在住K様)
先月父が亡くなりました。

父の兄(私から見ると伯父)が代表取締役で父と二人で小さな水道工事屋を経営しておりました。

信用金庫で借り入れがあり、伯父の連帯保証人となっていました。

私は自宅がありますので相続したいのですが、伯父の連帯保証人として借金を相続するという事であれば自宅の相続放棄も考えなければいけないと考える様になりました。

虫のいい話と言われるかもしれませんが、自宅は相続して、伯父の連帯保証から外れる事は出来ないでしょうか?
相続税
篠﨑 勇太税理士の回答

(篠﨑勇太税理士事務所代表)

財産とは、預金や不動産などプラスのものだけを指すわけではなく、借入金などマイナスのものも含まれます。

そして、このプラスとマイナスの両方を無条件に相続することを単純承認といいます。

この単純承認によった場合、プラスの方が多ければ、特に問題はないのでしょうが、マイナスの方が大きい場合には問題が残る可能性があります。

ご質問の場合、自宅の評価額と連帯保証額のどちらが大きいのかはわかりませんが、いずれにしても、単純承認によった場合、自宅を相続しつつ、連帯保証を外すことは出来ません。

また、マイナスの方が大きい場合に、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引継ぐ限定承認という方法もありますが、限定承認を選択する場合には、一定期間内に家庭裁判所へ一定の届出が必要であるなど、その選択をするためには、十分な事前準備が必要です。

さらに、限定承認によった場合、税務上は被相続人であるお父様が、時価で相続人である子に自宅を譲渡したものとみなされ、被相続人であるお父様に対して所得税が課されることになり、一概に限定承認の方が有利になるとは限らないのです。

よって、単純承認なのか限定承認なのか、または、相続放棄なのかは、事前に弁護士及び税理士と相談の上、慎重に決められた方がよいでしょう。
不動産・相続お悩み相談室

かわさきFM(79.1MHZ)
15:20-16:00
かわさきDOWNSTREAM
(夕方の番組内)
[10月の放送日] 

次回放送予定

1月1日(木) 16:15~16:45

「」

[ゲスト] 

→視聴方法、過去放送分はこちら